当社の取り組み

木はこの町の文化、木場から木材を発信する旧木場プロジェクトに参加

木場、深川は江戸時代より材木商の町として知られていました。昭和の後期より、多数の問屋、材木商が新木場に移転しましたが、木場、深川、新木場は材木の町として、江戸・東京の町づくりや人々の生活を支えてきました。

その歴史を人々に伝え、木材を通して地域を活性化し、木に親しんでもらおうという取り組みが「旧木場プロジェクト」です。旧木場に関わる複数の企業が集まりこの企画がスタートしました。

各種イベントに参加してワークショップを開催し、木に触れ、木とコミュニケーションを取るきっかけ作りの場を提供しています。

「木とともに暮らすことで心身に良い変化が起きる」という医学的効果の研究も進み、木の持つ力を多方面から調べるアプローチも増えています。私たちも積極的に学びそれらの情報を伝えていきたいと考えています。

深川ウッドフェス

限りある資源を大切に使う意識を忘れない

広葉樹は成長に時間がかかり、植林が難しい種類の木です。計画なくして伐採してしまうと、必要な時に、必要な場所に木材を供給できなくなってしまいます。
広葉樹を扱う企業として、常に環境全体のことを考え、広葉樹をはじめとした自然を後世に残していくことを常に意識していかなくはいけないと考えています。